スマホからも閲覧可能なサイトを作ろう

パソコンからの閲覧よりもスマホを利用したサイトの閲覧数が伸びています。そこでスマホ向けのサイトを作る企業や個人も多く、賑わっていますが新たにホームページを作るのは非効率だと考える方も多いと思います。実は既に持っているホームページをそのまま利用することも出来ます。URLはそのままにスマホ向けにサイトのデザインを最適化してくれるコードを記述するだけで簡単にサイトを調整してくれるのです。ただしページ数が多いとその分調整に労力がかかるのとレイアウトが複雑だとそれぞれに調整が必要になります。また、コード記述は専門知識が必要になってくるので、知識のある人や業者に任せるなりする必要があります。

スマホの特性に気を付けたデザインをしよう

パソコンとは違い、操作性や画面の表示範囲が違います。パソコンではマウスやキーボードによる操作ですがタップ操作がメインになります。文字の入力も画面の上下操作も全てタップによる操作になるので、動作が制限されます。表示範囲もパソコンより狭く、表示できる情報に制限があります。レイアウトによっては画面いっぱいになりすぎて見づらい事もあります。例えパソコン用のホームページをそのまま使えるといっても、利用者が不便を感じるようなレイアウトではいけません。スマホ向けのサイトを作る際には必ずレイアウトを確認し、必要に応じてテキストのサイズを変更したりデザインを変更する必要があるのです。場合によってはスマホ専用のサイトを作ってしまうのも方法です。

スマートフォンサイト制作は誰でも簡単に制作できるようになりました。フリーのサービスを利用したり、パソコン向けサイトをスマートフォン向けに出来るなど様々です。