スマホが当たり前のマーケティング戦略

ここ最近、スマートフォンの普及率は爆発的に上がり、もはや一人一台は当たり前の時代になってきています。もちろんそれは若者だけではなく、60代70代といったシニア世代にも普及し、今までパソコンを触ってこなかった世代にもインターネット文化が浸透しています。そんな中、多くの業界でスマートフォンを用いたマーケティング戦略が活用されています。特にSNSを使った広告効果は高い実績を上げています。

スマートフォンの普及に伴い、SNSも今では生活の一部の様に多くの人に親しまれています。それだけ多く人が「SNSを観て」いるのです。このようにSNSには非常に高い広告効果があり、SNSで映える画像を用いたマーケティングが注目されています。

スマートフォンで魅せるを意識する

SNSを使ったマーケティング戦略は、単純に紙面やWEB上に広告を掲載するような費用は必要ありません。SNSに画像や文章を投稿する事で完結しますので、基本的には無料で行えるメリットがあります。ただ、SNSには多くの投稿がありますので、普通の投稿では見落とされてしまう為、思うような効果が期待できません。そんな時、他の人に見せたくなる、他の人に勧めたくなるような画像を投稿する事で、高い広告効果が得られます。これがSNS映え画像です。飲食店の場合、SNS映えありきで商品開発を行っても面白いかもしれません。いかに面白みがあり綺麗な画像を撮影できるか。SNSマーケティングの真髄はここにあるのです。

スマートフォンサイトの中には、天気予報や交通情報、占い、ゲームなど生活の様々な場面で役立つものが多くあります。