マーケティングオートメーションにおけるリードナーチャリングとは?

リードナーチャリングとは?

マーケティングオートメーションの重要な要素の1つに「リードナーチャリング」がありますが、これは何を意味しているのでしょうか。リードナーチャリングを日本語で表すと「見込み客を育成すること」です。お店に入って商品を買おうかどうか迷ったけれど、結局は買わなかったという人は決して少なくありません。リードナーチャリングでは、そのような見込み客に対して長期的な視野でコミュニケーションを取り続け、商品購入のタイミングを見計らった上で、商談につなげるのです。従来の営業手法では、見込み客がいたらアプローチをかけるという方法が一般的でした。しかし、リードナーチャリングではそこに「育成する」という項目が入ります。具体的な育成方法として挙げられるのは、セミナーやメールマガジン、Webコンテンツなどです。これらを状況に合わせて使い分けることで、効果的に見込み客を育成していきます。

リードナーチャリングのメリット

リードナーチャリングのメリットは、適切なタイミングで顧客に再度アプローチをかけられることです。今現在は必要ないけれど、将来的に必要となる見込み客の事例はたくさんあります。リードナーチャリングでは長期的なフォローを続けることにより、そのタイミングを見計らうことが可能です。また適切なタイミングを掴むためには、継続的に有益な情報を配信することも欠かせません。顧客を飽きさせないための努力も必要となります。簡単に構築できる仕組みではありませんが、ビジネスの現場に取り入れることができれば、間違いなく役に立つものだと言えるでしょう。

販売管理システムとして普及しているもののひとつに、マーケティングオートメーションが挙げられます。販売個数が自動的に画面にあらわれるため、数える手間を省くことができます。