iPhoneの修理!依頼方法は基本店頭!

iPhoneを修理したいなら販売元へ

iPhoneの修理は販売元であるお店へ持っていくことが基本です。販売元以外のキャリアのお店などでiPhoneを購入したのだとしても、その店舗で修理することはできません。結局は販売元へ送って、修理してもらうことになります。iPhone自体が特許の塊のようなものなので、中身を開けない方がいいでしょう。バッテリー交換程度の作業であっても、販売元へ持ち込むことが必要になります。

iPhoneの修理に保険を使う

キャリア三社の販売店などでiPhoneを買っている場合、本体が壊れた時のための保険に加入するかと聞かれることがあります。保険に入っていれば、修理費が安くなることがあるのです。保険はキャリアが設定していることが多いので、直接販売元に持っていくと保険が適用されないこともあるかもしれません。保険を使う場合はまずキャリアのお店に持っていってから、修理を依頼するといいでしょう。販売元の修理費は高いことが多いので、買った時点で保険に入っていると後で役立つことがあるのです。

iPhoneの修理の相談ならキャリアの窓口へ

販売元の店舗が近くにない場合はなどは、まずはキャリアの窓口に行くといいでしょう。どのように対処することができるかを相談できるからです。また、修理を依頼したときに、代替機を貸し出してくれることもあります。困ったときに解決策を一緒に探してくれるという意味では、キャリアの窓口は相談しやすいかもしれません。不便にならないように配慮してくれるのが、キャリアの窓口なのです。

iPhoneの画面修理を行えないと考えている方や正規店でしか行えないと考えている方が多くいますが、実際のところは修理の間口は広く、料金もリーズナブルな価格設定となっています。